i-Smile|有名作家のドンウィンスローの本はすごく興味深いので…。

恥ずかしがらずに話すには、「長時間、英会話するシチュエーションを1度だけもつ」ことよりも、「短時間しか取れなくても、英会話する機会を何度となく作る」ことの方がとても効果を上げます。

i-Smileでも、役割を演じるロールプレイや対話など、少人数グループならばできる英会話練習の強みを駆使して、担当の講師との対話に限らず、同じクラスの皆との英会話からも生の英語を習得することが可能です。

ふつう、英語の勉強においてディクショナリーそのものを有効に使うことはまことに有意義なことですが、実際の勉強の際に初期には辞書自体に頼らない方が後々にプラスになります。

英語を鍛えるためにはスポーツの実践練習と同じようなもので、あなたが話すことができる中身に似たものを探し出して、聞き取ったそのまま表現してリピートすることが何にも増して重要なことなのです。

いわゆる英語の勉強には、相手の言ったことを何度も繰り返す、リピーティング、「速読速聴」のシャドウイング、聞いた内容を理解しつつ書いていく、ディクテーションなどの多種類の効果的学習方法がありますが、新参者に絶対不可欠なのは、何度も繰り返し聞くだけという方式です。

 

英語に慣れっこになってきたら

テキスト通りに翻訳することはしないで、映像で変換するようにトレーニングしてみて下さい。その方式に慣れてくると会話も読み物も理解にかかる時間がずっと短縮されるでしょう。

有名な英語能力テストのTOEICの挑戦を考えているのだとしたら、Android等の携帯情報サービスのソフトである『TOEICリスニングLITE』という英語受験プログラムがヒアリング力の躍進に有用です。

誰もが知っている『ドラえもん』の英語バージョンの携帯アプリケーション「ドラえもんイングリッシュコミックス」なども登場していますので、うまく使うととても英会話が身近になるのでおすすめです。

何かにつけて、幼児が言葉を学習するように自然に英語を学ぶのがいいという言い回しがありますが、幼児が確実に話ができるようになるのは、実際には長い間聞くことを続けてきたからなのです。

総合的に見て英和辞書や和英辞書といった様々な辞書を利用すること自体は確かに有益なことですが、英語学習における初期レベルでは、辞書そのものに依存しすぎないようにした方がいいといえます。

 

「楽しんで学ぶ」ことを目標に掲げ

英会話の全体としての力をレベルアップするクラスがあります。そこでは主題にあったやり取りで話す能力を、トピックや歌といった多様なテキストを使うことで聞く力を上達させます。

それなりの段階の英会話のベースができていて、そのレベルから会話がどんどんできるクラスに容易に昇っていける方の性質は、恥ずかしいということをそんなに心配しないことです。

NHKラジオ番組の中でも語学番組は、どこでもインターネットを使って聞ける上に、ラジオのプログラムとしては大変な人気で、無料放送でこれだけ出来の良い英語教材はないと言えます。

有名作家のドンウィンスローの本はすごく興味深いので、すぐにその続きも読み続けたくなります。英語の勉強のようなムードではなく、続きに心を奪われるので勉強そのものを持続することができるのです。

いわゆるTOEIC等のテストは、決まった間隔で実施されるので、繰り返し試験を受けることができませんでしたが、CASEC(キャセック)というものはWEBを利用して日常的に受けられる為、模試代わりの練習としても理想的です。

一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会

関連記事

i-Smile|有名作家のドンウィンスローの本はすごく興味深いので…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る