i-Smile|英語を読みこなす訓練と単語習得…。

i-Smile内容で、あのロゼッタストーンでは、日本語に置き換えてから考えたり、単語あるいは文法等を単純に覚えようとはせずに、日本を出て海外で生活を営むように意識することなく外国語というものを我が物とします。

「周囲の目が気になるし、外国人と会話するだけで重圧を感じる」という大多数の日本人が有するこのような2パターンの「メンタルな壁」を撤去するだけで、ふつう英語はとても簡単に使えるようになる。

日英の言葉がこれだけ違うのならば、現況では他の国々で効果のある英語教育メソッドもそれなりにアレンジしないと、我々日本人には成果が出にくいようだ。

あがらずに話すためには、「長い時間、英語でしゃべる環境を1回作る」ことよりも、「短い時間だけでも、英語で話す環境をいっぱい持つ」事のほうが確実に有効なのです。

初級者向け英語放送(VOA)の英語放送のニュースは、TOEICにもよく出題される政治経済の時事ニュースや文化や科学の言いまわしが数多く出現するので、TOEIC単語学習の対応策として効果が高いのです。

 

いわゆる『スピードラーニング』の

最も際立っている点は、ただ聞き捨てているだけで、英会話が自然と覚えられるという部分であり、英会話ができるようになるには「特徴的な英語の音」を聞き分けられるようにすることが肝心なのです。

言うまでもなく、英語の勉強では字引というものを効率よく利用することは本当に重要ですが、実際の勉強の際に初めの時期には辞書そのものに頼らないようにした方が結局プラスになるでしょう。

しょっちゅう、幼児が言語を覚えるように自然に英語を学ぶのがいいという表現をしますが、幼児がしっかりと言葉を使えるようになるのは、実際には大量に聞き入ってきたからなのです。

よく言われる英会話の総合力を上げるためにNHKの英語教育番組では、題材に合わせた対談形式で会話する能力、加えて海外ニュースや、歌などのネタにより聞き取れる力が獲得できます。

コロケーションというのは、決まって一緒に使われるいくつかの言葉の連なりのことを意味していて、ナチュラルな英語で会話をするためにはコロケーションに関する周知が本当に大切だと断言できます。

 

Skypeを使った英語学習は

費用がいらないために、思い切り始めやすい勉強方法だといえます。通学時間もかからないし、ちょっとした自由時間に場所も気にせずに学ぶことが可能なのです。

海外でも有名なトトロや千と千尋の神隠しなどの日本アニメの英語圏用を見れば、日本語エディションとのムードの違う様子を肌で感じられて、魅力的に映るでしょう。

英語を読みこなす訓練と単語習得、両方の学習を並行して済ませるような非効率なことはしないで、単語なら本当に単語のみをエイヤっと頭に入れてしまうとよい。

最もメジャーな英語能力テストであるTOEICは、決まった間隔で実施されるので、たびたびトライするのは難しかったのですが、最近人気のCASEC(キャセック)はインターネットを利用して時間を気にせず受験できるので、TOEIC用の訓練としても持って来いです。

もしもあなたが現在、数多くの語句の暗記に悪戦苦闘しているのなら、そうしたことは中止して、本当にネイティブスピーカーの表現そのものを正確に聞き取ってみることだ。

公益財団法人 日本英語検定協会

関連記事

i-Smile|英語を読みこなす訓練と単語習得…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る